永く住み続け受け継がれてゆく住まいのご提案/無垢・自然素材+オーダーキッチン+パッシブデザイン

愛知県豊田市和会町山神東分60

0565-21-1051

営業時間:9:00~18:00

ブログ個人トップStyleのある暮らし

Styleのある暮らし 2018/5

自分らしいStyleのある暮らしの風景

白みそできました

投稿日時:2018/05/31(木) 13:51

こんにちは!

今年の2月に仕込んだお味噌を開けてみました。
白みそはいい具合にできていましたが、
赤みそは少し黒カビが来てしまい、
両方とも開けて冷蔵庫にしまいました。


写真は白みその方です~

今まで黒カビなんてできたことはなかったんですけどね~
納戸も割と暖かいのでお味噌づくりには適していないのか、
たまたま塩が足りなかったのか、疑問がいっぱいです。
なぜなんでしょう???

来年は、納戸とか物置とかしまう場所をいくつか分けて実験したいと思います!

でもカビを取ってしまえば、下の方はちゃんと美味しくなっていたので
ほっと一安心です!

そして明日から6月ですね!
6月と言えば梅。

昨日、炭酸梅ジュースの作り方をテレビでやっていたので
また作ってみたいな~
梅干しも仕込みたいな~とやりたいことがいっぱいです。

 

ヘーベシーベ窓もすごい

[設備] 投稿日時:2018/05/29(火) 11:42

先日のブログに続き、

今回も「樹脂サッシ」を取り上げます。



前回は
ドレーキップ窓(内開き+内倒し)でしたが

今回のこちらの窓も
ドイツ製のDAKOのトリプル樹脂サッシで

「ヘーベシーベ/片引き戸」になります。




ヘーベシーベ窓とはドイツ語で
引き戸が持ち上がってスライドする機構のことを言います。


上と下にガイドレールがあり本体を支えてます。
本体はかなり重量があります。

DAKOのヘーベシーベは片引きだけでなく
プラス「内倒し」の機能もあるツーアクションとなります。


外側にスライドする網戸もついてます。

網戸の4方についている防虫のモヘヤも
ジュウタンのようにフカフカです。




「ロック」の状態


操作は簡単で、ハンドルを

下向きが「ロック」
水平が「スライド」
上向きが「内倒し」となります。




「片引き」状態




「内倒し」の状態


閉める時にちょっと勢いをつければ
女性でも簡単に開閉できます。


はじめてヘーベシーベ窓の「内倒し」を見たお客様は
「こっちに倒れてくるかと思った」と驚かれます。


ドイツのサッシは
「断熱性、気密性、遮音性」がとにかくよく、

4方向のそれぞれの一辺に3か所に
気密のパッキンがついてきます。

レバーハンドルを下向きに
ガチャ、ガチャ、ガチャ、とハンドルを回すと
本体と枠がギューっと密閉される感がわかります。

よく「冬は窓から5~6割熱が逃げていく」といわれており

まずは開口部の断熱性能を上げることが
住宅性能をあげるために非常に効果があります。


樹脂のトリプルガラスになってくると
小さい窓より大きい窓の方が
「断熱性能が高く」なってきます。


数値が小さいほど断熱性能が高いのですが
DAKOから送られてきたスペック表を見ると

1階リビングの一番大きなヘーベシーベ(w2590×h2200)で
Uw=0.77  重量は 191kg

一番小さいトイレのドレーキップ(w500×h710)で
Uw=1.1   重量は 33kg です。



雨、風をしのげれば良かった時代から
熱と空気を逃がさない時代に代わってきました。


日本の住宅はこれからもっと「高性能化」に進んでいきます。

サッシも今まではアルミ製が主でしたが
樹脂とアルミのハイブリット(複合サッシ)や樹脂サッシで
ダブルかトリプルのLow-Eガス入りが主流になってくるかと思います。

ドレーキップ窓の魅力について

[設備] 投稿日時:2018/05/28(月) 17:58

こちらの窓は

自宅で多数採用しました

「ドレーキップ窓」というものです。





DAKOというメーカーの物で

ドイツ製のトリプル樹脂サッシです。






ドレーキップ窓とは

「内倒し+内開き」という2種類の開き方ができる窓です。





最近ではYKKのサッシにもドレーキップ窓がでてきましたが
(YKK ではツーアクション窓と呼ばれてます。)

まだ国内では一般的ではありません。


日本では雨仕舞いから

開口部は「外開き」のものが多いと思います。






ドイツやドイツより北部のヨーロッパでは

このドレーキップ窓が

ごく一般的な開閉方法とのことです。







レバーハンドルを

下向が「ロック」

水平が「内開き」

上向が「内倒し」 と操作は簡単です。




外側に固定式の網戸も付いています。





















5月も下旬になると
暑い日が続くようになってきたので


2階の部屋の窓は日中や夜寝ている時、

大雨でない限りは「内倒し」状態にしています。





北側の窓は「すりガラス」になっているので

内倒し状態でも隣の家からも中が見えにくいので

お風呂上りでも安心です。




2階でバルコニーがない窓でも

内開きにすれば「窓の外側の掃除がしやすい」のもいいですよね。




換気や防犯性にも優れていますが

もう一つのポイントは

「断熱性と気密性」が非常に高いのが魅力です。





窓を閉める時にハンドルを回すと

「ガチャ、ガチャ、ガチャ」とロックされる音がして



飛行機の入口のドアのように

本体と枠がギューっと密閉されるような感じがします。





最近の国産サッシのような

「存在を目立たなくする」とは真逆の方向性なので、

枠や本体は見た目もゴツイです。






LIXILのエルスターX
(トリプル樹脂サッシ)の断面図





DAKOのトリプル樹脂サッシの断面


断熱性と強度をよくするために部屋が細かくしきられ
青いのは補強用のスチールで樹脂の断熱材も入ってます。


本体と枠の気密性を上げるために
「1辺に3か所」パッキンと
「4辺にそれぞれ」ロック金物がついてます。




私の住む愛知県では
「オーバースペック」かもしれないです。




ただ、ドイツ車では一般大衆車でも
制限速度無制限のアウトバーンを

200km/h以上で走っていても運転手が緊張することなく
安心してドライブができるし

20年以上、30万km以上走っている車もたくさんあると聞きます。




そんなお国柄の一般的なサッシですから、

断熱性、気密性なのど性能や
丈夫で長持ちする操作性や動作性などの
機能のために「このカタチがある」と思うと、



このオーバースペックの性能も
この見るからに頑丈なフォルムも
非常にかっこいいと思えてきます。



ご興味がある方は是非お問合せや見学にきてくださいね。

駐輪場 工事中

[工事進捗状況] 投稿日時:2018/05/20(日) 12:00



玄関の脇に
自転車とキャンプ道具をしまう
「駐輪場」を作ってます。

木造軸組みで
大きさは間口2.4m×奥行2.4m、
高さも高い方でGL+2.4mです。


屋根はガルバリウム鋼板、たて平葺き
外壁は杉板張りです。





できるだけシンプルな外観で
屋根も薄くにしたかったので

桁や母屋が妻側にでないよう、
大工さんには工夫をしてもらいました。

軒天も杉板を張ってもらいました。


まだシャッターの取付
床の土間コン打ち
外壁の塗装が残ってます・・・・。




庭のジューンベリーが色づいてきました。

鳥が来て食べてしまう前に
子供2人の方が先に摘まんでました。


完成お引渡し 豊田市若林東町

[完成引渡し] 投稿日時:2018/05/19(土) 16:13

明け方天気が心配でしたが
雨もあがり晴天となり、
最高のお引渡し日和となりました。





こちらのお宅は
昨年の11月8日に地盤改良工事が始まり、
12月16日に上棟し、
先週末の5/12、13土日にお宅をお借りして
完成現場見学会を開催し、
本日、5/19土にお引渡しすることができました。



テープカット! 少し緊張気味な奥様 (*^^*)





ご挨拶の際、ご主人さまから
ねぎらいの言葉をいただきました。
こちらこそ、ありがとうございました。




 

0565-21-1051お電話

資料請求

お問合せ